フィリピン留学のデメリットは学校選びで解決

フィリピン留学については段々と認知度が高まりつつあります。

しかし、一般的に流布している情報を整理すると、マンツーマン指導を中心とした教育システムの充実、教育費や生活費の安さ、渡航の容易さといった面が前面に押し出されており、実際にフィリピン留学をして生活する上で知っておきたいことというのはそれほど流通してきていません。

もちろん、説明会に参加したり、資料請求を行ったり、口コミサイトを参照すれば様々な情報を得ることができますが、なかなか気軽にはそこまで時間を費やして情報収集ができないのが事実でしょう。

これには、実際の事情が学校によって異なる面が多く、議論がしづらいというのが主な理由になっています。

よく議論されるフィリピン留学のデメリットとして、フィリピン訛りの存在、学校の規則の厳しさ、韓国食が中心となる寮の食事、講師の質のばらつきといったものが挙げられます。



一方、これらはそんなことはないという主張の情報源もあります。

これはこういったデメリットがよく認識されているため、それを補うようなサービスを提供している学校が既に存在しているからなのです。



確かにスパルタ教育を取り入れている学校が多いですが、そうでない学校もあるため規則は厳しいところも厳しくないところもあります。フィリピン訛りについても学校の採用基準によるので、ハイレベルの学校では訛りのない人しか採用してないこともあります。


このように、ニーズに応えるようにフィリピンの語学学校はサービスを展開しているため、デメリットとして議論されている内容も解決している学校もあるのが実際なのです。